2005年08月27日

歌舞伎鑑賞教室〜歌舞伎の見方〜→義経千本桜四の切

またまたお友達の好意で、7月に国立劇場で約1ヶ月間催されていた、「歌舞伎鑑賞教室〜歌舞伎の見方〜→義経千本桜四の切」を観る事ができました。
録画してくれたお友達に、本当に感謝です。

歌舞伎鑑賞教室は、女方の名役者市川春猿・笑三郎さんのコンビで進められました。
わかりやすく舞台用語、大向こう(掛け声)の掛け方などを解説してくださり、途中途中でまるで漫才コンビのような春笑コンビ!
歌舞伎俳優としてだけでなく、お笑いの世界でもお二人やっていけそうです。
こんな楽しい鑑賞教室なら、その後に続く歌舞伎も同じテンション保って観られますもんね。

私も初めての古典歌舞伎なので、この解説の流れのまま観られたので、すごくよかった。
ただやっぱり、どうしても言葉が聞き取れない(^^ゞ
何言ってるのかなぁ・・今はどういう説明をしているのだろうと。
義太夫さんの歌う歌詞がせめて字幕テロップで出ればなぁ〜と思いました。
当日の劇場では義太夫さんの唄の詞は電光掲示板に流していたので。
あ、普段からそういうのはなくて、今回は特別にってことですよ。

義経千本桜四の切、ワタクシずっと「よんのきり」って読んでました(爆)そのくらい
知らないんですよ〜。
“しのぎり”が正解。みなさーんわかりましたかぁ〜。って歌舞伎ファンならみんな知ってますよね。

しかしこの舞台、狐忠信演じる右近さん、かなりハードな舞台。
元はお師匠の猿之助さんが演じられてたんですが、仕掛けも大掛かり、そして激しく動き回り、ほんの数秒での早代わり。
そしてその激しいアクションをこなしながらも、心を入れて演技をしなければいけません。

一緒に録画してくれた、かなり昔の解説の番組に猿之助さんと右近さんと出演され、猿之助さんの解説、右近さんの実演で説明されていましたが、役者さんてホンと大変・・・。体力勝負って思いましたね。
右近さんも同じようなことを語っておられました。

そして、この四の切で狐忠信が「初音の鼓」を抱きしめて頬ずりするシーン、こちらまでもらい泣き。鼓の皮にされた両親をやっとこの手に抱きしめられたという、喜びと愛おしさを表現するシーンなのですが・・右近さんやっぱりすごい役者さんです。
尊敬しました。
ただ技と見栄えのある役者さんはきっといっぱいいると思います。しかし感動を与えてくれる役者さんは少ないと思うんですね。右近さんの演じられている狐の気持ち、言葉はわからなくてもこちらまで伝わってきました。

今回は段治郎さん義経ちょっとで番が少なくて、なんと凛々しいほんと王子様のような(爆)義経でした。もうちょっと迫力あっても良かったんじゃないかと思いますが、素人の私の思うこと。
静御前は笑也さん。もう妬けちゃうくらい女性より綺麗!いつも女性かって思ってしまっています。
でも個人的には李連英の笑也さんが好きかも(=* ̄ ェ  ̄*=) ポッ
李連英の笑也さんがいいって言う人は、マニアックらしいです(=^‥^=)ぶぁっはっはっ!!

お友達のおかげで、ほんと歌舞伎を堪能しています。
もっともっと詳しくなって、いろんな歌舞伎観れたらいいなぁ。


歌舞伎名作撰 義経千本桜 四の切歌舞伎名作撰 義経千本桜 四の切
posted by ちか at 10:24| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

OKUNI

BSで放映されたものを、友人が録画して送ってくれたので、視聴できました♪

OKUNI〜木の実ナナさんの主演するミュージカル「阿国」と、元のお話は一緒です。
ナナさんの阿国は未見で、また21世紀歌舞伎組のOKUNIも初めてとあって、かぶりつきで見ていました。

猿之助一門の歌舞伎は、西太后とヤマトタケルしか知らないので・・。

正直言って、笑也さん可愛すぎです。
そしてヤマトタケルでは、段治郎さんにおされ気味だった右近さん、傾奇者権三でいい味出してます、かっこいいです!見直しました(?)
これは右近さんしかできないな〜なんて思いながら観ていました。

そして私の大好きな春猿さん。これまたため息がでるほど綺麗であでやかで・・・・。
この舞台のとき、ちょうどポリープの手術をされたあとらしく、表情と身振り手振りでほとんどの演技をこなし、せりふが入るところは録音でした。
お嬢様の春猿さんも可愛らしかったけど、遊女の春猿さんぞくっとするほど色っぽい・・・!

そしてヤマトタケルではヘタルベを演じていた弘太郎くん、とっても可愛い女性を演じていました。もともとちょっと丸顔なので、とても可愛くてお人形さんみたいでした。
二役で秀頼を演じられたときは、ちょっと難あり?なんて思ったりもしましたが。
彼にはどうしても、ヘタルベのイメージが強くて。ヘタルベで弘太郎くんを知ったせいかもしれません。

OKUNIの舞台は、1603年京都四条河原で、念仏踊り一座→傾奇OKUNI一座へと変貌します。
新しい芸能が生まれていく過程での、弾圧や物珍しさを題材にしています。

とても楽しい舞台で、オープニングはいきなり「念仏踊り」でなんまいだーなんまいだーと、女方さんたちが舞台狭しと、歌い踊ります。
そして華やかに笑也さん登場。
ちょっと「みやず姫」とかぶりますが・・・。
でもお茶目で可愛らしくて、笑也さんにはとても男性の影を感じません。
それは春猿さんにも言えること・・・。
気位の高いお嬢様の琴→春猿さん、踊りが好きでたまらないOKUNI→笑也さん。
ちょっとワル男の山参→段治郎さん。
傾奇者の権三→右近さん。
それぞれとても個性豊かに演じられていました。

ん〜やっぱり21世紀歌舞伎組の、生舞台が観たい!

やっぱり11月の大阪松竹座での狸御殿行っちゃおうかな〜。(爆)
posted by ちか at 19:09| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」

2005年6月12日・17日に観劇してきました。

スーパー歌舞伎初体験!ヤマトタケルを観てまいりました。
それも2回も観に行ってしまいましたが、まだまだ観たりません。もっともっと観たいです。しかし・・お金も暇もないので、諦めていますけれど。

はじめは去年「西太后」で醇親王夫人を演じられた市川春猿さんお目当てで舞台を観にいったのですが、そのほかの役者さんのすばらしさに圧倒され、そして「スーパー歌舞伎」を考えられた、市川猿之助さんを尊敬しました。

まだ日本がひとつの国となる前の話。大和の国の皇子の切ない親子の情愛を描いた物語なんですが、ほんとにほんとにすばらしい舞台でした。

歌舞伎ほど口上は難しくなく、現代調にかなりアレンジはされていますが、ところどころに歌舞伎の型が。見えを切ったり、立ち姿そして豪華できらびやかな衣装。

1回目2回目ともとても席がよく、8列目の真ん中と、8列目の花道の真横と。
間近で役者さんの表情や仕草が見られ,大変感動しました。

ヤマトタケル


そしてなんといっても春猿さん。とても艶やかで可愛らしくて美しくて・・・ため息とともに、花道を出てきた瞬間「うわ〜春猿さんすごくキレイ!可愛い!」と口に出してしまいます。そのくらい可愛らしいんです。
赤いお着物がとてもよくお似合いで、初々しい弟橘姫を演じていらっしゃいました。
そして「ヤマトタケル」小碓の命を演じてらっしゃる市川段治郎さん。(写真左側)なんと素敵なのでしょう。
背が高く凛々しくそして気品溢れる皇子でした。
春猿さんと並ぶとほんと美男美女(ってなんか変かしら)で、とても良くお似合いでした。
プライベートでも仲が良いそう・・と、噂でお聞きしましたが。続きを読む
posted by ちか at 21:12| 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。