2005年09月06日

オペラ座の怪人/ネバーランド

さて、忙しい合間にお休みいただいて、映画デイに当てています。前みたいに話題作全部とは行かないので、厳選して。

まずはこの間見た映画『オペラ座の怪人』
劇団四季のミュージカルで有名ですよね。ずっとずっと四季のオペラ座の怪人を観て見たいと思っていましたが、映画化されることになり、待ち望んでいました。
予備知識は相変わらず全くなく、映画に臨みました。

もちろんオペラの知識もなく、ただあの重厚な音楽だけを知っていました。そして美しい歌姫に、怪人が恋をするというくらいで。
映画を観た感想として、人から愛される事を知らず、醜い顔ゆえに、虐げられ卑屈な思いをしていた『ファントム』は、人を愛する方法を間違えてしまったのね・・・って。
クリスティーヌを一途に愛するのですが、彼女には恐怖に映ってしまいます。
そして彼女は、幼い頃愛を誓った彼と、再び恋に落ちます。そしてファントムの取った行動とは・・・・。

私的には、一途なファントムの気持ちがとてもよくわかりました。なんだか切なかったです。ちょっとうるうるっとしてしまいましたね。ネタばれになるので余り書けませんが、ファントムはほんとにほんとにクリスティーヌを愛してたんですね。
愛された事のない彼は、愛し方を知らなくて、押し付けるだけの愛仕方しかわからないのですね、きっと。

映画の音楽もとても素敵でした。
オペラの知識が全くない私ですが、とても聴きやすく、一般になじみやすいようにかなりアレンジしてありましたね。
1曲を歌詞を変えて劇中に何度か登場するのですけど、その歌が耳から離れません。

そして「クリスティーヌ」を演じた女優さんの、美しく優しい透明感のある声に聞き惚れました。
私にその才能のひとかけらでもあれば・・・・(爆)

ただ、突っ込む事といえば・・・。
「ファントム」仮面かぶってる時、醜いメークしてないでしょ〜なんだかかっこいいですわ。
だって顔半分がただれたような感じなのに、仮面かぶってると、見えてる部分全然綺麗なんですけど(爆)

ぐんぐんと引き込まれる映画でしたけど、ラストがちょっとあっけないかな〜。
もっと違う終わり方だったら、感動のレベルももっと上がったんだけど。あくまでも、これは私の感想なのですけどね。
とっても感動したって言う方々、ごめんなさい!

****************************
ネバーランド。
ピーターパンのミュージカルが出来るまでを描いた、ジョニデの最新作。
とても静かな映画でした。
父をなくしたことにより、大人びて人を信じる事が出来なくなった少年が、だんだんと心を開いていくまでのストーリーなんですが。
共演の「ケイト・ウィンスレット」の老け方に唖然!
タイタニックから6年位なのに、こんなに老け込んでしまうの?っておもいましたね。

映画は悪くはないんですが。。多分ビデオで観たら寝てしまうかも。
盛り上がりにいまいち欠けるというか・・・。
でも、ジョニデってコスプレ好きですね(爆)
劇中でも海賊に扮してましたし。ジャック=スパロウと被ります〜。
話題作なので押さえておくのもいいかもしれないけれど、好き嫌いがとてもはっきり分かれる映画だと思います。

私もどっちかといえば、オペラ座の怪人のほうが感動しましたし、心に残りました。
時間があればもう一度見たいのですが、なかなかそうも行かないので、DVDが出たら、レンタルするつもりです。
好きな映画はついつい買ってしまうんですが、ラストがいまいちだったので、ちょっと購買意欲がわかないんですよね。(^_^;)

さて、今度は何の映画を観ようかなってところです。

 

posted by ちか at 09:59| 🌁| Comment(3) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちかさん、こんにちわ。
リンク、どうもありがとうございます!!
こちらに来て、歌舞伎以外にもすごくいろいろなものをご覧になっていることに驚きました。
「オペラ座の怪人」は、私は最初劇団四季の舞台で観て感動し、映画のDVDも買ってしまったものです。
ファントムの想いが、本当に切ないですよね…。
舞台の方も、機会があったらご覧になってみてはいかがですか?

今後とも、よろしくお願いします。
Posted by みわこ at 2005年09月19日 02:00
すみません、こちらへのリンクの仕方がわからなかったもので、勝手ながらトラックバックさせていただきました(^^;)
どうぞよろしくお願いします。
Posted by みわこ at 2005年09月20日 01:38
みわこさんお返事遅くなってごめんなさい〜。
私の場合歌舞伎以外のものをたくさん観るというより、歌舞伎以外のものしか観られないといったほうが正しいでしょうか・・・(爆)
だって、名古屋へあんまり来ないんですもん。
勘三郎の襲名がありましたが、11月に大阪まで狸御殿を観にいきたいので、我慢我慢なんですよニャハハ (=*^ ェ ^*=)
オペラ座・・はいつか四季の舞台バージョンも観てみたいです!

TBありがとうございます。こちらからもさせていただきますね〜。
Posted by ちか@管理人 at 2005年09月20日 08:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6614873

この記事へのトラックバック

★「オペラ座の怪人」
Excerpt: 「映画の日」2本目。 テーマ音楽は文字にすると、 「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。 先週1/29に公開したばかり。 6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割く..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-09-08 19:49

映画版「オペラ座の怪人」その1??昔の亡霊も、逃げ出すことでありましょう!
Excerpt: さて、やっと映画版「オペラ座の怪人」DVDのことが書けそうです。
Weblog: みわこ徒然袋
Tracked: 2005-09-20 01:35

オペラ座の怪人
Excerpt: オフィシャルサイト → オペラ座の怪人19世紀のパリ。オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪人ファントムによる事件が連発していた。若く美しいクリスティーヌは、謎の師「音楽の天使」から..
Weblog: 日々映画三昧
Tracked: 2005-10-20 21:29

『オペラ座の怪人』’04・米・英
Excerpt: あらすじ1919年、パリ・オペラ座の舞台上。その所有物がオークションにかけられている。車椅子の老人はその中の一つ、オルゴールを落札する。そして、シャンデリアを覆っていたベールが取り払われた時パイプオル..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-03-23 23:56

スッキリ♪
Excerpt: ちょw 山ちゃんに教えてもらったとこウマすぎwwww そらロレックス買えるわなって話(^^; 試しにやってみたんだけどさ、初めてなのに5万貰えたわwwwww http://WwKETcGf.sefr..
Weblog: ねつら
Tracked: 2008-12-06 20:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。