2005年08月27日

インファナルアフェア3/ブリジットジョーンズ2キレそうな私の12ヶ月

2005年4月20日 郊外映画館にて観賞。

映画のはしごをしてきました。
いや〜リフレッシュできました。ストレス解消!
やっぱり映画館で観る映画っていいですね。

まず1作目。
インファナルアフェア3 終極無間
1作目からずっと観てきましたが、いやはやラストは切ないですね。
タイトルにある「終極無間」終わりのない地獄・・・いわゆる生き地獄ってやつですかね・・。

ヤンとラウのもっと細かい心理描写、そして過去と現実そしてラウの妄想も入り交じって、とても1回では理解できないくらい、難しかったです。
公式サイトでいろいろと勉強していったんですが、サイトにある「キョンの友情」ってので、映画観ながら「キョンも潜入?!」って言う目で観てしまいました(爆)実際は違ったんですけどね。

いったい誰が潜入で、誰がヤンの味方でサムの手下は全員ラウが殺したのか・・とか、とにかく一瞬でも目を離すとストーリーがどんどん展開していってしまいます。

第3の男「ヨン」もなんだか怪しいし・・・サムの回した潜入?って思ったり、第4の男「シェン」もっと怪しい!!

いったい誰が味方で、敵なのか。。さっぱりわからない展開です。

ドアを開けたらいきなり現実に戻ったり、かと思えば過去へ飛んで、ヤンの潜入としてのいろいろな行動を追ってみたり。

時間さえあればもう一度じっくりみたいです。

TVCMで、アップになるラウの頬に伝う一筋の涙・・・。
涙の意味人それぞれの解釈はあると思うんですが、私が思うのはきっと、「善人でいたかった・・・」って言うラウの心の叫びと、ヤンに自分を重ね合わせて、ヤンになりたかったのかな・・って思っています。
せつな過ぎるラストでした。

DVDも絶対買います!

それにしても恋しているヤンの表情とっても可愛いです。
こちらにも温かい気持ちが伝わってきます。

催眠療法で、催眠術にかからないよう、わずかな抵抗するのがこれまた可愛い。目覚ましかけたり、おせんべい食べてみたり。

残念なのは、「ケリー・チャン」
とても美人だと思うんですが、いまいち表情が乏しいかな。
もう少し表情豊かに演じてもいいんではないのでしょうか。


ブリジットジョーンズの日記2 キレそうな私の12ヶ月
ブリジット、危うく観られないところでしたが、なんとか間に合って上映終了にならずに済みました。
主演はレニー・ゼルウィガー。1作目のときよりもさらにおでぶちゃんにパワーアップ。
シカゴの激細いレニーのイメージが強かったせいか、あまりの太りようにびっくり!そして彼女の体も心配になっちゃいました。きちんとドクターが付いて、健康管理しながら激太りしたらしいですけどね。

相変わらず、ドジで一言余分でそして超勘違い。
でもどこか憎めないのがブリジット。

やってくれるよって、笑いの連続でした。


恋人とケンカしちゃったりするシーンは、「あ〜わかるなぁ・・・彼女の気持ち」って少しホロッとしたり。
マークという超エリートの彼を手に入れ有頂天なんですが、ライバル出現!危うしブリジット!って感じでした。

女の子にはきっとブリジットの行動とか言動とか、わかるわぁ〜って思うこと多々あると思います。

ちょっと場違いな時もありますけどね。

タイで逮捕されちゃったり、元彼はやっぱりただのプレイボーイで、ブリジット見捨てっちゃったり、今回のブリジットは波乱万丈!
でもなぜか拘置所で、マドンナの振り真似歌真似指導で一躍人気者!
なかなかやるわね!

まぁこの映画はDVDで観ても楽しめるとは思います。

でもインファナルは、絶対絶対映画館で見るべし!
私の中で5大映画に入ります。

posted by ちか at 21:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

インファナル・アフェア??/終極無間 評価額600円(この額はあまり参考になりません)
Excerpt: ●インファナル・アフェア??/終極無間を鑑賞。 潜入捜査官ヤンの殉職から10ヵ月後
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-09-02 08:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。