2005年06月21日

LOVERS(十面里伏)

2004年11月2日に観賞。

映画「LOVERS」観て来ました。何ヶ月も前から楽しみにしていて。
主演の「チャン・ツィイー」さんや「金城武」さん「アンディ・ラウ」さんのファンなんです。そしてちょっと時代物ってまたまた私にとってはツボなんです。
主役の小妹(シャオメイ)演じるツィイーちゃんすっごく素敵でした。ワダエミさんデザインの踊り子の衣装もすっごい艶やかで色っぽく、彼女の魅力を最大限に引き出していたと思います。

ストーリーは国(朝廷)VS反朝廷勢力の武闘派の「飛刀門」。反朝廷側の刺客としてツィイー、朝廷側の刺客として金城武。裏で操るのはアンディ・ラウ。
彼女は盲目でまたその武闘勢力の頭目の娘ではないかと疑いがある。そして彼女を泳がせて「飛刀門」をおびき寄せようと。

敵を欺くにはまず味方から。金城武はツィイーのナイトのような役割をアンディから指示されるのです。
でもアンディは再三忠告します。「本気になるなよ」と。
これはあとのほうになるとどんでん返しが起こってその意味がわかるのですが。
よくあるように敵と味方と知りつつも惹かれあい恋に落ちて・・ということを危惧しているのかなっと思ってたんですが・・・。

そしてこの映画も「HERO」と同じくワイヤーアクション、そして色彩のコントラストがとても素敵でした。
竹やぶの中で闘うシーンは緑が目に鮮やかで、ツィイーの身のこなしはしなやかで・・少しグリーンデスティニー入ってるかなっとも思いました。

あんまり書くとネタばれになってしまうので、まだ観てない方に怒られてしまうけど、ラストはちょっとあっけなかったかなとも思いました。

他サイトでは金城君が鼻血のシーンで爆笑っていうことも見かけましたが・・・息つく暇も瞬きするのももったいないほどの見せ場盛りだくさんの映画でした。
映画のはじめのツィイーの踊りは絶対吹き替えだと友人とも話していたのですが、あんなに難易度の高そうな踊りでも彼女はこなしてしまうのですね。
かわいらしくそして色気もほどほどにあって、演技もアクションもこなす将来楽しみな女優さんですね。ますますファンになりました。「初恋の来た道」から比べるとかわいらしいだけだったのにかなり綺麗になりましたね。ちなみに私も彼女に触発?されて「アジエンス」使ってます(爆)
posted by ちか at 21:56| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、ツィイーちゃん(ツィイーと書くべきかツーイーと書くべきか迷っちゃいます、発音的にはツーイーの方が近いかも?)の素晴らしい踊りがよみがえってきます!あそこも見せ場の1つですよね。
どんでん返しの連続には私も振り回されっぱなしでした(^^;)イーモウ監督は、色彩感覚が優れているなあと思います。いろいろなシーンが色鮮やかに記憶に残りますよね。
ツィイーちゃんと金城君のペアがとっても絵になってただけに、アンディ・ラウの魅力が生かし切れてなかったような気がします。(って、彼の魅力についてまだ知らないんだけど^^;)
私もアジアンビューティー目指したい〜(>_<)
Posted by みんみん at 2005年06月22日 00:45
ツィイーちゃんはほんと色っぽくって可愛いですよね。
あの周りを取り囲んだ太鼓?に豆を当てて、その当たった太鼓を袖で叩くというすごい技、惚れ惚れしました。

そうね〜アンディ・ラウの良さがいまいちだったかな。インファナルアフェアのラウの方が格好いいかも。
若いときより今の方が格好いいですよ。
周潤発の映画に若かりし頃でてるんですが・・・。
Posted by ちか@管理人 at 2005年06月22日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4517236

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。