2005年06月21日

宦官

中国史に興味はあるけれど・・・三国志などの壮大な歴史物にはまだ手を出してはおりません。
一番とっつきやすきて、そして自分自身も大好きな清王朝の頃のお話から読み始めています。

そして、清王朝が崩壊した後の愛信覚羅溥儀・溥傑の物語。これは溥傑氏の奥様の浩さんの書かれた本を読みました。

西太后に限らず、中国史の本は難しい。ストーリー性がないと眠くなってしまいます。
まず登場人物がとても多い。そして、人物の読み方が難しい。
一番の難関は・・歴史を覚えていないこと。この3つです。

以前の日記にも書きましたが、家が良くなくて貧乏をしたくないのなら、宦官になって出世するしかない。しかし、宦官になるからとはいえ、必ず出世できるとも限らず・・。
主人公の春児が自らのものを切り落として宦官となり出世していくストーリー。
すごく怖くてでも哀しくて、涙が出ます。

同じくその西太后絡みで、「誰が珍妃を殺したか」という謎かけを次々といろいろな宦官から引き出している「珍妃の井戸」西太后の命令で、光緒帝の側室の珍妃を井戸に投げ込んで殺したという事件を小説にしたもの。
西太后を失脚させようと革命を起こしたことから始まった事件。
まぁこの裏には李連英も絡んでいるんですけどね。

そして最近読んだのがタイトルにもある異形の集団「宦官」。
宦官の生活・性格・野望などをあらゆる角度から検証した本です。しかし、宦官は皇帝をしのぐほどの知識を備わっていることが多く、時にそれを悪用する宦官は皇帝を操り、政治を放棄させて自分たちの好きなように政治を動かします。

この本を読むまで宦官は中国にしかいなかったと思い込んでいましたが、ギリシア・ペルシア・インドそのほかローマをはじめヨーロッパ各地に実在したそうです。

宮廷の女官または皇后そのほか側室たちと過ちを犯さぬように・・・と。

あくまでも推測に過ぎないそうですが、後期の西太后のお気に入りの宦官「李連英」は、実は宦官ではなかったと。
自らのものは切り落としてなかったと言われています。

前の日記とかぶりますが・・・。宦官として出世する時に、必ず切り落とした性器を見せなければならず、大抵の宦官たちは刀匠師に借金をして手術をしているので、それを取り戻したいのだけれど、どんどんと利息がついて借金も膨らむばかり。それがないと昇格できないので必死に借金を返します。
なので、これはちょっと噂の域を出ないかな・・と。

また、あたりまえのことなんですが、切り落としているがために、尿は垂れ流しで筋力も衰えているので、とにかく下の締りが悪かったそうです。そして異臭を放っていたと本には書かれています。でも確かにそうかもしれませんね。

今のように麻酔もない、衛生面でもかなり悪い・・死と隣合せの手術ですから・・・。大変な覚悟がいったと思います。

でもそれほどの覚悟をしてまでも、家族のために宦官に志願していった若者たちは、どんな貧しい暮らしだったのでしょう・・・。裕福な今の時代からはきっと、想像もつかない世界なのでしょう。






【関連する記事】
posted by ちか at 18:29| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。