2005年10月17日

ベルベットレイン

アンディ・ラウ主演のベルベットレイン。
香港黒社会を舞台にした映画で、『インファナルアフェア』で大活躍の若手俳優、ショーン・ユー&エディソン・チャンも出演しているので、彼ら目当て?で観て来ましたが、感想に写る前に一言言いたい。

思い切りインファナルアフェアとキャストかぶってるんですけど〜。
だって「バカのキョン」演じてた俳優さんとか、エリック・ツァンとか、あと裏社会からの潜入で、アンディ・ラウに射殺されちゃった人とか。(俳優さんの名前がわからないときは、インファナルアフェアの役で表現してます)

物語は2人の鉄砲玉の若者と、2人の黒社会のbPとbQを軸にして始まります。
イックとターボという二人の若者は、香港の黒社会のbPを殺せと鉄砲玉のくじに参加し、見事その栄誉?を手にします。

ホンとレフティは、不穏な動きを察知して怪しい動きの一味を叩き潰そうとしますが、
ホンは見せしめにトップだけをやれと、しかしレフティは全滅させなければ第2第3の刺客が現れると。

所々シーンが入れ替わり、ホンとレフティの物語から、イックとターボの物語に移ります。
二人の友情、そして黒社会での野望。やるからにはトップに立ちたいと。

ホンとレフティ降りしきる雨の中刺客に襲われます。
そして雨の中ナイフを手にしたイックは・・・。
ホンを殺れるのか・・・レフティはどうなる、そしてターボは??

最後の最後にえ?ほんと?というドンデン返しがあります。
途中ターボがチンピラ仲間からリンチ受ける辺りで、物語が見えてきますけど。
そういうことねって。

そしてラウさん、あまり長髪似合わないと思うんですけど。

あと、イックの彼女のになる娼婦のヨーヨー。名前を聞かれて「カリーナ・ラウ」
そりゃないでしょ〜(爆)それこそインファナルのパロディになっちゃうよ。


posted by ちか at 12:22| 🌁| Comment(41) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。