2005年06月19日

さらばわが愛〜覇王別姫〜

1930年代北京を舞台にしたお話。
遊郭で生まれた小豆(レスリー・チャン)は、母に連れられ京劇の劇団?へ入所する。
厳しい練習・いじめに耐える彼をいつも「石頭」という少年がかばい、いつしか友情が芽生える。
やがて小豆は女形として、石頭は男役としてそれぞれ成長し、売れっ子の役者となり、代表作である「覇王別姫」を演じるようになる。

舞台の上と、現実とをやがて混同して、彼は相手役を愛するようになるけれど、売春婦をしていた菊仙(コン・リー)と結婚してしまい、悔しさから二度と同じ舞台には立たないと、絶縁宣言をする。
中国は日本との戦争、文化大革命で共産党と国民党の争いで内紛が絶えず、時代も不安定となっていった。
時代に翻弄されていく3人を京劇の舞台を中心として描いた映画で、少し難しい。

レスリー・チャンの女形の演技に見惚れ、それに広東語を日常語とする香港人の彼が、北京語を操るのもかなり難しかったとも思う。
京劇に元々興味もあり一度観て見たかったのだけど、レンタルへ行って手にはとるけれど、いつもその都度見送ってきてしまった。
もっと早く観てれば良かった・・。

いまさらながら、レスリー・チャンと言う俳優さんの才能に驚かされる。
3時間くらいの長い映画なのだけど、見ていても飽きないと思う。子供時代の修行の辛さを描いたシーンもいいけれど、大人になり売れつづけていく苦しさ、彼を思う気持ち、時代の流れ・・・大人時代のほうが断然面白い。
少々ネタばれになるけど、裏切られてその気持ちを、言葉ではなく表情だけで表す菊仙(コン・リー)はすごい!
posted by ちか at 13:01| 🌁| Comment(3) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。