2005年06月18日

スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」

2005年6月12日・17日に観劇してきました。

スーパー歌舞伎初体験!ヤマトタケルを観てまいりました。
それも2回も観に行ってしまいましたが、まだまだ観たりません。もっともっと観たいです。しかし・・お金も暇もないので、諦めていますけれど。

はじめは去年「西太后」で醇親王夫人を演じられた市川春猿さんお目当てで舞台を観にいったのですが、そのほかの役者さんのすばらしさに圧倒され、そして「スーパー歌舞伎」を考えられた、市川猿之助さんを尊敬しました。

まだ日本がひとつの国となる前の話。大和の国の皇子の切ない親子の情愛を描いた物語なんですが、ほんとにほんとにすばらしい舞台でした。

歌舞伎ほど口上は難しくなく、現代調にかなりアレンジはされていますが、ところどころに歌舞伎の型が。見えを切ったり、立ち姿そして豪華できらびやかな衣装。

1回目2回目ともとても席がよく、8列目の真ん中と、8列目の花道の真横と。
間近で役者さんの表情や仕草が見られ,大変感動しました。

ヤマトタケル


そしてなんといっても春猿さん。とても艶やかで可愛らしくて美しくて・・・ため息とともに、花道を出てきた瞬間「うわ〜春猿さんすごくキレイ!可愛い!」と口に出してしまいます。そのくらい可愛らしいんです。
赤いお着物がとてもよくお似合いで、初々しい弟橘姫を演じていらっしゃいました。
そして「ヤマトタケル」小碓の命を演じてらっしゃる市川段治郎さん。(写真左側)なんと素敵なのでしょう。
背が高く凛々しくそして気品溢れる皇子でした。
春猿さんと並ぶとほんと美男美女(ってなんか変かしら)で、とても良くお似合いでした。
プライベートでも仲が良いそう・・と、噂でお聞きしましたが。続きを読む
posted by ちか at 21:12| 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤間紫・市川猿之助「西太后」

2004年6月13日に観劇。
よく日付を見てみると、ヤマトタケルを始めて観にいった日付と一年と一日違い!これも運命でしょうか(爆)

過去の事になりますが、記念になるので拾ってきました。
この西太后が大好きな市川春猿さんとの出会いです。

続きを読む
posted by ちか at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。